Saharaの天之浦山レポート

 

父ペン掲示板でお馴染みの、スーパーリピーター・Sahara氏。
3度の食事を欠かす事はあっても、年3回のご帰島は欠かしません(^^;
このページは、そんなSahara氏ご執筆による、トレッキングレポートです。


父島上空図

Part0 Webページ化にあたっての前書きおよびPrologue
2002年のGW真っ只中の5月3日に、山歩きで天之浦山に行きました。若旦那のリクエストにお応えして、その顛末記を掲示板に書き込んだことは、読者諸氏におかれては既に御存知のことと思います。しかし、その書き込みの完結後、是非ともWebページ・・・

Part1 Episode T 天之浦山、希望!(Wでないのが残念:笑)
3月以降(だったと思う)からこの掲示板をご覧になっている方は思い出せると思うが、今回の企画、当初は内容が絞りきれていなかった。初めは天之浦山だけで募集するつもりだったのであるが、マルベリーさんと調整する段階で、なんと“幻のツアー”「ウ・・・

Part2 出発
心配された天候も、曇りがちで風はあるが雨の気配は無い。朝食を済ませたメンバーがそれぞれ仕度を始める。事前にマルベリーさんから頂いた情報で、飲み物は一人1リットル程で OKと伝えてあったため、父ペンさんで作ってもらった昼食のおにぎりと50・・・

Part3 ブリーフィング
出発地点の北袋沢、父島で山歩きをする人にはお馴染みであるが、そうでない方には観光の要所になっている訳でもないため、聞き慣れない地名と思われるので、簡単に説明しておこう。夜明道路から小港方面に向かう途中で、道が平坦になり、左手の・・・

Part4 ワラビ谷
準備万端、整ったところでいよいよ歩き始める。小港へ向かう道を若干戻るような感じで東方向に延びる道があり、工事用の重機が停めてあったりする脇を少し進むと、右手に林の中に向かって登って行く小道が現れる。ここからは緩やかな登りである。ここか・・・

Part5 ガジュマル広場
ワラビ谷の先からは本格的な林(熱帯のジャングルという感じではない。ちょっと表現しにくい)の中に入っていき、高木類も目に付いてくる。ムニンヒメツバキが代表的と言えるか。時折、シマホルトノキ(通称?コブノキ)や、リュウキュウマツが見られる。(情・・・

Part6 山頂へ
これまでのルートは、地図で見れば衝立山の裾を回りこむように南東方向に向かって来たが、この辺りから南に進路を向け、衝立山から天之浦山への尾根筋を進む。やはり尾根筋は日当たりがよいからだろうか、植生もそれまでとはちょっと変わったように感・・・

Part7 天之浦山尾根にて
繁みを掻き分けながら少しずつ下っていくと、突然視界が開け、水平線が目に飛び込んでくる。あたりを見下ろすと、左手には天之浦海岸とその先に巽崎、正面やや右には亀の首、右手の先には千尋岩とさらに先に南島が見える。足元はさっきまでの山道が・・・

Part8 尾根先端にて
ひとしきり撮影を終えたところで、皆、空腹に気付く。(興奮していて空腹さえ気付かなかったとも言えよう。)腰を下ろしてお握りをほお張れそうな所はというと、T夫人が居残った高台くらいなもので、そもそも皆デイパックなどはそこに置いてきている。降りる・・・

Appendix 資料
うまく締まらないですが・・・。各地点の到着のおよその時刻を参考までに。ビデオのデータコードから拾った時刻を参考に算出した数字です。(注:マルベリーさんの解説を聞いたり、撮影で足を止めたりしているので、ひたすら歩いた場合よりも時間は掛かっ・・・




父島ペンション・トップページへ