最近の写真

2005.Dec 18up

2005.Jan一部変更

Odontonia sibogae (Bruce, 1972):(修正)

ホヤカクレエビ属の一種:(修正)

このエビが見たくてセブに行きました。なかなか見つけられなかったが、一度教えてもらうと結構個体数は多いです。

学者の方からコメントいただきました。

Stenopus cyanoscelis

エキジット直前に教えてもらったけど時間切れ、取りあえずの証拠写真のみです。フィリピンには結構個体がいます。次回はもっと撮ってきます。

Hymenocrra picta フリソデエビ

深い意味はありませんが、尻尾のアップです。正式には「尾扇」というらしい。

Periclimenes psamathe アカスジカクレエビ

ごみが付いて汚いですが、アカスジがミズタマサンゴにいるのを初めてみました。皆さん見たことありますか?見たことある方是非ご一報を!

Periclimenes soror ヒトデヤドリエビ

エビより背景が気に入って撮りました。いい感じでしょ!

Periclimenes soror ヒトデヤドリエビ

水中ではもっとブルーで綺麗だったのですが、なかなか見たようには色が出ません。

??Periclimenes brevicarpalis イソギンチャクエビ??

 

これまた、背景がよかったのですが、大きなごみが入ってしまった。

よく尻尾部分を見ると、赤黒い環状部分の真ん中が透明です。イソギンチャクエビはこの部分が黄色です。もしかして、別種?では?

Periclimenes kororensis

コロールと呼ばれてますが、単に上記学名のラテン語のkororensis部分からきていて、和名ではありません。早く和名がつくとよいな。

さて、写真ですがこのエビの正面はよく見ますが側面はなかなか見ないと思います。もう何枚か撮れれば生態編で紹介できたのですが‥‥

Thor amboinensis

これまた、背景のみです!

Periclimenes  venustus ニセアカホシカクレエビ

ニセアカホシカクレエビ(と思えるエビ)が沢山いましたが、だんだん水中で判定するのが、難しくなってきました。この個体はOKでしょう!

Periclimenes  venustus ニセアカホシカクレエビ

ニセアカホシカクレエビのおチビちゃん。この個体もOKでしょう!

Periclimenes  venustus ニセアカホシカクレエビ

ニセアカホシカクレエビですよね?胴体の色彩がほとんどなく分類しにくいです。

Periclimenes sarasvati ナデシコカクレエビ

この個体が問題で、ニセアカホシカクレエビでなく、ナデシコで良いですよかね?もう少しなんとなくパステル色が多いものがナデシコかなという気もします。

Phyllognathia ceratophthalma

フリソデとトゲツノメが5m離れていました。撮るものが沢山あってうれしい!

Periclimenes imperator ウミウシカクレエビ

マンジュウヒトデに付いていました。こんなものにも付くんだ!と思って撮りました。気のせいか色彩に鮮やかさがなく、地味なマンジュウヒトデのせいでしょうか?

2005.12.3-5 Philippine Mactan 

2005.May 15up

Dasycaris symbiotes 

洋書の図鑑(IKAN製世界の甲殻類緑色の表紙)の195頁の上段のDasycaris symbiotesです。 図鑑の解説のように似たエビ(D ceratops)もいますが、額角(かっがく)の上部に歯が6個あるものがDasycaris symbiotesです。

Okinawa-is Red Beach -7m  2005.5/7

Pontonis katoi (ホヤカクレエビ)かな?

ずっと探していたホヤカクレエビです(多分)図鑑で調べたら似た種類が数種類いるようなのでこれ以上は分かりませんが、Yanagisawaは非常に満足しています。

Okinawa-is Maeda -21m  2005.5/6

Hippolyte-sp(ナガレモエビの仲間)

ナガレモエビの仲間です。Dasycaris symbiotesのすぐ横にいました。その他にクラゲエビもいましたが写真は撮りそこないました。濁ったポイントですけどこのポイントたくさんの変わったエビがいて好きです。

Okinawa-is Red Beach -7m  2005.5/7

深場のエビ-1

Kemponia nilandensisと思いますが写真がうまく撮れてませんでした。今回の旅行ではこのエビと下のエビの区別をしたかったのですが、どうやら成功した(成果が出)ようです。

Okinawa-is Seragaki -51m  2005.5/4

深場のエビ-2

Kemponia nilandensisと比べると赤い線が少なく全体に透明です。ハサミ足の長さを精査すればよいそうなのですが、それ以上はよく分かりません。専門家にお任せします!

Okinawa-is Seragaki -48m  2005.5/4

Lysmata amboinensis
マニアックな写真が続いたのできれいなものを何点か

Okinawa Kerama-is  -20m

Urocaridella-sp(ソリハシコモンエビ)

ユカタハタがをクリーニングしていたのですが、ユカタハタの色彩がきれいなので絵になります。

Okinawa Kerama-is  -20m

Palacemonella rotumana(シサンゴカクレエビ)

シサンゴカクレエビで良いと思います。よく見る気がしますが写真を撮った記憶は少ないです。

Okinawa-is Maeda -18m  2005.5/6

Exoclimenella maldivensis (カメンカクレエビ)

これまたよく見る気がしますが、きれいな写真を撮った記憶は少ないです。

Okinawa Kerama-is  -15m

Urocaridella-sp(ベンテンコモンエビ)

ソリハシコモンエビ同様に和名があるものの、学名がないという変な状態が続いています。でも、もうすぐ分類していただけるのだろうな〜!

Okinawa Kerama-is  -15m

Periclimenes  venustus (ニセアカホカクレエビ)

色彩が少ないPericlimenes  venustus です。色彩の個体差が多いようで、水中で見た瞬間は「お!新種では?」とついつい期待してしまいます。

Vir sp (アカヒゲカクレエビ)

アカヒゲカクレエビの筈ですが、ほとんど赤いヒゲではありませんでした。

 

2005.Jan.3-4

名前不明海綿の中のエビ
2005.1Jan.3 Ose Japan 15m 
ハクセンアカホシエビ
↑↓ハクセンアカホシカクレエビの裏面(腹側)の色彩です。見たことありますか?もっとも表面と同じ様ですが・・・
2005.1Jan.3 Ose Japan 32m 
モンハナシャコ

モナハナシャコ(エビではないですが)です。今年の大瀬は暖かかったですが水温17.2度の大瀬で見つかるのは数年に1回。このモンハナシャコの他にもう2匹いました。

2005.1Jan.3 Ose Japan 20m 

 

Homeへ戻る