最近の写真

2006.9.18 WAKA Shoera

はて?

ポリプで擬態している以外は、イソバナカクレエビに似ているように思います。以前、トゲトサカなどにもイソバナカクレエビが付くとお聞きしたので、この種も知見をいただきたいです。

WAKA Shoera -5m

Periclimenes psamathe

アカスジカクレエビ

よく見かけ、よく写真を撮るけど今まで一枚もお気に入りの写真が撮れない代表格のエビです。なんとなく赤筋の入り方が違うような気もしますが、地域差でしょうか?

WAKA Shoera -15m(うる覚え)

Periclimenes imperator

ウミウシカクレエビ

こんなに大きなものははじめて見ました。オオイカリナマコに付いていたのも初めてでした。

Sercret bay -5m

Panulirus versicolor

ゴシキエビ(幼)

幼体は紫色しているので写真栄えがします。イセエビ属はあまり写真は撮らないですが、この子は好きです。

WAKA Shoera -10m

Periclimenes galene

カゲロウカクレエビ

日本で和名が付いたときは、相模湾(温帯)の個体だったので、温帯域のエビと思ってましたが、世界中どこでも見るような気がします。

WAKA Shoera -15m

Urocaridella sp

ソリハシコモンエビ

恥ずかしながら写真を撮っている時は弁天様と思ってました。

WAKA Shoera -15m

Odontonia sibogae  (Bruce, 1972)

ホヤカクレエビ属の一種

Odontonia sibogae  と前回学者の方にお教えいただきましたが、最近複数個体の写真を見比べると、模様的に2,3種類いるのではと思います。こちらも研究が進んでほしい種です。

WAKA Shoera -15m

Stenopus tenuirostris 

和名無し

バイオレットボクサーシュリンプと言う名は単に英語の俗称みたいなものです。日本でも沢山見付かっているのでそろそろ和名の頃かと思います。Satomiさんに事前にお願いし、見付けておいてくれたエビネタだったそうですが、この個体2日後に行ったら居ませんでした。(いじめてないです!)

WAKA Shoera -12m

Periclimenes holthuisi

ホンカクレエビの一種

これこそPericlimenes holthuisiではないでしょうか?図鑑「CRUSTACEA Guideof the World」のp177上段と同じ模様です。特にお尻の部分がそっくりです。

WAKA Shoera -20m

Periclimenes sarasvati

ナデシコカクレエビエビ

ナデシコカクレエビです。ウンバチイソギンチャクに10匹くらい付いていました。Satomiさんが「汚い」ウンバチに付いていると言ってましたが、写真になるとピンク色でいい感じ!「綺麗な」ウンバチです。

WAKA Shoera -15m

 

2006.7.17 

Odontozona sp

オトヒメエビの一種

図鑑「海の甲殻類」峯水亮氏文一総合出版のp116下段のオトヒメエビの1種とおもいます。もっと写真と撮りたかったですがフィルムきれでした。

2006.6.28 Okinawa  Iriomote-Is (-15m)

Periclimenes sp

ホンカクレエビの一種

図鑑「海の甲殻類」峯水亮氏文一総合出版のp48上段のホンカクレエビの1種とおもいます。これまた沢山個体数がいて目移りしてしまいます。

2006.7.2 Okinawa  Iriomote-Is (-5m)

Periclimenes lutescens

テンボウカクレエビ

初めて見ました。が、結構数は居るようで、今度じっくりとって見ます。今回撮った手持ちの写真を生態編に出しています。そちらも参照してください。

2006.7.2 Okinawa  Iriomote-Is (-3m)

2006.Feb 18up(Cebu Nactan )

Odontonia sibogae (Bruce, 1972):

ホヤカクレエビ属の一種

前回も撮影しましたが、結構お気に入りです。今回はサイズが分かるように直径5mmの支持棒とホヤの写真も撮ってきました。

Stenopus cyanoscelis

色彩違いで3個体撮って来ました。順じ生態編にまとめます

Hymenocrra picta フリソデエビ

フリソデは普通種くらい沢山居ます

アカスジカクレエビの仲間?

もっと撮ればよかったと後悔している個体!水深38m。なんでしょうかね?

Periclimenes soror ヒトデヤドリエビ

前回の時も書きましたが背景が気に入って撮りました。Mactanのヒトデはいい感じのバックになりますよ!

Izucaris masudai アヤトリカクレエビ

何となくCebuのアヤトリエビは色が薄いです。ホストのイソギンチャクの色が薄いせいでしょうか?

Vir philippinensis

別に珍しくないですが、ミズタマサンゴが白くてきれいだったので撮りました。早く和名が付いてほしいな。

Thor amboinensis

実はイソギンチャクモエビがイソギンチャクの中(上)に居るのはあまり見たことがありません。普通はイソギンチャクの横(淵)ですよね!

Periclimenes  venustus ニセアカホシカクレエビ

ニセアカホシカクレエビ(と思えるエビ)が沢山いましたが、だんだん水中で判定するのが、難しくなってきました。この個体はOKでしょう!

Periclimenes amboinensis バサラカクレエビ

アンボイネシスと呼んでいたけどいつの間にか和名が付いていました。飛び出ている目の先端が尖がっているのが特徴です。

サンゴの中に居るエビ。ガイドのドドンが見つけたのでドドンエビと呼んでいるが、図鑑を見ても名前が分からない。新種かね?

Stenopus pyrsonotus クメジマオトヒメエビ

ゴーストボクサーシュリンプと呼ばれているエビ。日本の久米島でも見つかったのでクメジマオトヒメエビという和名が付いていました。このエビが見たくて強引に休みを取ってCebuにいきました。ペアで2匹居たがメスは穴から出てこなくてオス(写真)しか撮れませんでした。今度はペアで撮りたいな。

Hamopontonia corallicola ヒメイソギンチャクエビ

たいして珍しくない種ですが、しばらく自分でも見ていませんでした。備忘録(?)のために撮ってきました。

Plipontonia furtiva イソギンチャクモドキカクレエビ

好きなんです子のエビ。隠れているつもりでも、ほとんど隠れていなくて、やる気なさそうに、じっとしているところが好きです

 Periclimenes galene カゲロウカクレエビ

カゲロウと思いますが、全身にちりばめた小さな色彩の付いて点がありません。(上の色彩なら黄色い点があるところですが)。Cebuのエビは色彩変化が多いのかな?

Periclimenes magnificus オドリカクレエビ

どう見ても伊豆で撮った雰囲気ですが、Cebuの写真です。

トサカに付くエビ

トサカに付くエビを2個体。同じトサカ居たので同種の色彩変化かなお思っていますが、後は学者の方へお任せしたいです。ガイドの方に聞くとじっくり探すと沢山居るようす。

上の写真のエビはお尻のところに寄生虫が付いています。

2005.12.3-5 Philippine Mactan 

 

Homeへ戻る